日本の時代史 17

近代の胎動

迫り来る欧米列強の影、たび重なる飢饉と打ちこわし。国家と社会は、いかなる変容を遂げるのか。

ご注文

3,520円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 藤田 覚
ジャンル 日本史  > 近世史
シリーズ 通史シリーズ  > 日本の時代史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2003/10/01
ISBN 9784642008174
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 3,520円(税込)
在庫 在庫僅少
近代の胎動

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
一八~一九世紀、東アジア世界は欧米諸国の進出によって激動の時代を迎える。日本近海にも異国船が出没する中、飢饉や一揆・打ちこわしが頻発し、近世国家は体制的な危機に陥った。領主支配や流通経済の構造変動、学問・教育の発展など、転換期の姿を描き、芸能や民衆生活など化政文化の実態にも注目して、近代へ向かう胎動の時代を明らかにする。
近代の胎動……………藤田 覚/東廻り航路と奥筋廻船……………斎藤善之/地域社会の変容―幕末の「強情者」と寺領社会―……………志村 洋/学問と教育の発展―「人情」の直視と「日本的内部」の形成―……………辻本雅史/芸能興行の世界……………神田由築/江戸庶民の暮らしと名奉行……………藤田 覚