日本の時代史 19

蝦夷島と北方世界

列島北部の世界で固有の文化を育んだアイヌは、いかなる歴史を辿ってきたのか。交易の実態を探り、現代日本の課題を提示

ご注文

3,520円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 菊池 勇夫
ジャンル 日本史  > 通史
地域 北海道
シリーズ 通史シリーズ  > 日本の時代史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2003/12/01
ISBN 9784642008198
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 3,520円(税込)
在庫 在庫僅少
蝦夷島と北方世界

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

列島北部の世界では、固有の文化が育まれてきた。今日まで伝えられる個性あふれたアイヌ文化は、いかなる歴史を辿ってきたのか。北東アジアからみたエゾの社会や交易の実態を探り、近代の北海道開発や国境問題、アイヌ民族の「国民」化から、現代日本への課題を提示する。日本国、日本人という括りを問い直した、新たな日本列島史が浮かび上る。

蝦夷島と北方世界…菊池勇夫
北方社会の物質文化―鉄からみた北海道島の歴史―…越田賢一郎
北東アジアから見たアイヌ…榎森 進
アイヌ女性の生活…児島恭子
アイヌの「自分稼」…谷本晃久
蝦夷島の開発と環境…菊池勇夫
日露関係のなかのアイヌ…川上 淳