日本の時代史 23

アジアの帝国国家

憲法制定・国会開設と条約改正により国際的自立を実現。帝国国家への道を辿る日本。近代が社会に定着した時代を描く

ご注文

3,520円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 小風 秀雅
ジャンル 日本史  > 近現代史
シリーズ 通史シリーズ  > 日本の時代史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2004/04/01
ISBN 9784642008235
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 3,520円(税込)
在庫 在庫僅少
アジアの帝国国家

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
近代日本は、憲法制定・国会開設と条約改正により国際的自立を実現した。それと同時に「アジアの帝国国家」への道を歩むことになる。資本主義経済の成立、封建的身分制の崩壊、近代女性の誕生、都市の形成などから、〈近代〉が社会のなかに定着していった時代を描く。さらに日本のアジア認識や、日露戦争がどのように神話化されていったかを解明する。
アジアの帝国国家………小風秀雅/日本型産業革命の実像………老川慶喜/立身出世の夢と現実―変わりゆく青少年の進路―………広田照幸/都市と農村………小路田泰直/描く女性/描かれる女性………菅 聴子/日清戦争と東アジア―「戦争」の論理・戦後交渉・歴史記述―………濱下武志/日露戦争の「神話」―日露戦争とその後の日本社会―………千葉 功