日本の時代史 24

大正社会と改造の潮流

噴出する民衆エネルギー、忍び寄るナショナリズム…。国際社会の激変の中、新たな理想を模索し日本改造を目指した一大転換期

ご注文

3,520円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 季武 嘉也
ジャンル 日本史  > 近現代史
シリーズ 通史シリーズ  > 日本の時代史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2004/05/01
ISBN 9784642008242
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 3,520円(税込)
在庫 在庫僅少
大正社会と改造の潮流

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
近代日本は、憲法制定・国会開設と条約改正により国際的自立を実現した。それと同時に「アジアの帝国国家」への道を歩むことになる。資本主義経済の成立、封建的身分制の崩壊、近代女性の誕生、都市の形成などから、〈近代〉が社会のなかに定着していった時代を描く。さらに日本のアジア認識や、日露戦争がどのように神話化されていったかを解明する。
大正社会と改造の潮流………季武嘉也/国際連盟と日本………塩崎弘明/間島における一進会………林 雄介/政党政治を支えたもの………季武嘉也/広がりゆく大都市と郊外―欧州・アジア・日本―………原田敬一/大正の家族と文化ナショナリズム………桑山敬己/知識人と大衆の登場………今 防人