日本の時代史 28

岐路に立つ日本

日本はどこへ向かうのか。平成大不況、構造改革、学級崩壊…。混迷の現代をさぐる。

ご注文

3,520円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 後藤 道夫
ジャンル 日本史  > 近現代史
シリーズ 通史シリーズ  > 日本の時代史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2004/09/01
ISBN 9784642008280
判型・ページ数 A5・358ページ
定価 3,520円(税込)
在庫 在庫僅少
岐路に立つ日本

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

1990年代半ばから、日本社会は大きく変貌する。構造改革」の名のもと、「専守防衛」の転換をはじめ、日本型雇用の縮小再編成や社会福祉の大リストラといった、戦後日本の土台を揺り動かす事態が一斉に生じた。また、家族の空洞化や学級崩壊、グローバリズムの進展など、経済成長型社会から転換する分かれ道に立つ現代日本のゆくえを探る。

岐路に立つ日本…後藤道夫
日本経済の転換…海野八尋
日本型雇用・年功賃金の解体過程…木下武男
現代日本の女性…木本喜美子
受験競争から教育競争へ―企業社会下の教育問題―…中西新太郎
小国主義政治の歴史的終焉…渡辺 治
農村と都市の変貌…進藤 兵・大門正克
現代日本のナショナリズム…吉田 裕