日本家族史論集 13

民族・戦争と家族

21世紀、家族はどこに向かうのか、家族史研究の新たな地平を拓く

ご注文

6,930円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 大日方 純夫
ジャンル 日本史  > 女性史・ジェンダー史・家族史
シリーズ 通史シリーズ  > 日本家族史論集
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2003/05/01
ISBN 9784642014038
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 6,930円(税込)
在庫 品切れ・重版未定
民族・戦争と家族

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
これまでの家族史は、「国家」のなかの家族のありようや、平常態・日常態における家族に関心をむけてきた。しかし、近年の国際関係の緊密化や、戦争史研究の深まりは、家族の新たな相貌を照らし出しつつある。本巻には、東アジアにおける家族の比較史を試みつつ、「国境」を越える家族のありようや、戦争と家族の関わりに関する論文を収録した。