近世の朝廷と女官制度

未解明だった禁裏御所の「奥」の全貌が明らかに

ご注文

12,100円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 高橋 博
ジャンル 日本史  > 近世史
日本史  > 女性史・ジェンダー史・家族史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2009/06/01
ISBN 9784642034395
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 12,100円(税込)
在庫 品切れ・重版未定
近世の朝廷と女官制度

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

近世の禁裏御所の「奥」で働く女官たちは朝廷運営でどのような役割を果たしたのか。最も重要な役職の勾当内侍をはじめ、朝廷儀式における職務、人事などを考察。従来の研究史では未解明の「奥」内部を浮き彫りにする。

序論=研究の目的と研究史/朝廷運営における女官と勾当内侍(朝廷儀式における女官の職務/女官のライフサイクルと朝廷運営/朝廷運営における勾当内侍―「長橋殿雑記」を事例に)/「後桃園天皇大御乳覚帳」にみる奥の制度と社会(「後桃園天皇大御乳覚帳」にみる奥の制度的考察/「後桃園天皇大御乳覚帳」にみる奥の社会的考察)/近世の典侍について(典侍の構成員と組織の特徴/典侍の人事と歴代天皇との関係/典侍の職務内容と掌侍との境界線)以下細目略/近世後期における掌侍の制度的検討/近世の命婦について/近世後期の女蔵人・御差の制度的考察/近世後期の三仲間に関する諸問題/近世後期の仙洞・大宮等における女官制度/後桃園天皇の病気治療と朝幕関係/近世中・後期における禁裏女官の知行・居所/結論=女官制度研究の課題と可能性