人と動物の日本史

人と動物の日本史 3

動物と現代社会

忠犬ハチ公はなぜ有名になったのか?ハチの子を食べる集会がある?日本人と動物の「いま」がわかる!

ご注文

3,080円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 菅 豊
ジャンル 日本史  > 日本史一般
シリーズ 通史シリーズ  > 人と動物の日本史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2009/03/01
ISBN 9784642062770
判型・ページ数 272ページ
定価 3,080円(税込)
在庫 品切れ・重版未定
人と動物の日本史 3

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
競馬文化導入の背後にあった国家戦略、「自然」な食肉をめぐる生産者と消費者の葛藤、食虫文化が形成する新たな共同体…。近代から現代へ発展・変貌を続ける人と動物のさまざまな関係性を描き、その未来像を模索する。
動物と現代社会…菅 豊/Ⅰ=動物と国家(軍馬と競馬…杉本 竜 /英雄となった犬たち 軍用犬慰霊と動物供養の変容…エルメル・フェルトカンプ/錦鯉文化の創造―国風化と全球化―…菅 豊/コラム=隠喩としての動物 悪意を喚起する言葉…菅 豊)/Ⅱ=人間社会のなかの動物たち(屠場の社会/社会の屠場…桜井 厚/寄せ場の動物誌…児玉夏子/いい肉とはなにか 短角牛をめぐる生産者と消費者の葛藤…佐川 徹/コラム=都市と動物「共生」に潜む欺瞞…菅 豊)/Ⅲ=変わりゆく動物とのつきあい(マタギとツキノワグマの現在 『ブナ林と狩人の会:マタギサミットという試み』…田口洋美/食虫の愉悦…野中健一/「文化」と経済の間に 牛の角突きの近現代…渡邉敬逸/コラム=外来種「悪玉」に着せられた濡れ衣…菅 豊)