歴史文化セレクション

古事記の世界観

『古事記』とは何か。独自の世界観をわかりやすく解く。

ご注文

1,870円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
新装版
著者 神野志 隆光
ジャンル 日本史  > 古代史
日本語・日本文学  > 日本文学
シリーズ 通史シリーズ  > 歴史文化セレクション
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2008/02/01
ISBN 9784642063449
判型・ページ数 232ページ
定価 1,870円(税込)
在庫 在庫あり
古事記の世界観

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
『古事記』はひとつの完結した作品として把握されねばならない。「高天原」「葦原中国」「黄泉国」「根之堅州国」の位置付けに新たな見解を示し、『古事記』が上中下巻を通して構築する独自の世界観・主張を解明する。(解説=神野志隆光)
はじめに 第一章「天下」‐世界観という視点から- 第二章 ムスヒのコスモロジー-『古事記』の世界像- 第三章「葦原中国」-神話的世界の機軸- 第四章「高天原」- 「葦原中国」の存立- 第五章「黄泉国」-人間の死をもたらすもの- 第六章「根之堅州国」-「葦原中国」の完成- 第七章〈ワタツミノ神の国〉-アマツヒコの定位- 第八章「葦原中国」と「天下」-中心的世界と世界観- 第九章「天下」の歴史-中・下巻をめぐって- あとがき わたしにとっての『古事記の世界観』