中国仏教彫刻史論 全4冊

(本文編1冊・図版編3冊)

金銅仏・石仏など単独造像を中心に、魏晋南北朝期より宋代に至る中国仏教彫刻の総合研究。

ご注文

242,000円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 松原 三郎
ジャンル 宗教史  > 仏教史
美術史  > 東洋美術史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
1995/01/01
ISBN 9784642074551
判型・ページ数 菊倍判・2148ページ
定価 242,000円(税込)
在庫 品切れ・重版未定
中国仏教彫刻史論 全4冊

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
中国仏教彫刻研究史上に燦然と輝く不滅の業績。1700余点におよぶ執念の写真蒐集と、実証に基づく銘文解説。金銅仏・石仏など単独造像を中心に、魏晋南北朝期より宋代に至る中国仏教彫刻の総合研究は、40年の研鑽を積む著者にして初めて成しえた畢生の大著である。編集12年。江湖の要請に応え、第一人者がライフワークの集大成として遂に完成。