沖縄戦を知る事典

非体験世代が語り継ぐ

戦闘経過、「集団自決」の実態など、67項目を収録した読む事典。豊富な写真が体験者の証言や戦争遺跡・慰霊碑などの理解を高める。

ご注文

2,640円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 吉浜 忍
林 博史
吉川 由紀
ジャンル 日本史  > 辞典・事典・年表・地図
日本史  > 近現代史
地域 沖縄県
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2019/05/22
ISBN 9784642083522
判型・ページ数 A5・222ページ
定価 2,640円(税込)
在庫 在庫あり
沖縄戦を知る事典

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
アジア太平洋戦争末期、住民を巻き込んだ戦闘が展開され、「鉄の暴風」が吹き荒れた沖縄。戦闘経過、住民被害の様相、「集団自決」の実態など、67項目からその全体像を明らかにする。豊富な写真が体験者の証言や戦争遺跡・慰霊碑などの理解を高め、今も残る沖縄戦の姿をリアルに感じる構成。〝なぜ今沖縄戦か〟を私たちに語りかけてくる読む事典。

本事典の特色
戦後74年を経ても続く沖縄の基地問題。今こそ沖縄戦の教訓を伝えるべく、新たに収集された史料や証言をもとに編纂した座右必備の事典。
研究者・ジャーナリスト・資料館の学芸員・地域史編集者・教員など、沖縄戦を語り継ぐ現場で活躍する非体験世代28人が結集。
心の傷・秘密戦・移民・障がい者・ひめゆり学徒など、図版を交え平易に解説。どこから読み始めても沖縄戦の実相に辿りつける。
個別の具体的な事例を豊富に盛り込み、沖縄のどこで・何を学べるかが分かる情報が満載。平和学習の手掛りを示す。
さまざまな立場の人々の体験をまとめたコラムを収載。読書/博物館/戦跡コース/兵器の各種ガイドなど、付録も充実。

〈平和学習にも最適〉

カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
  ダウンロード

はじめに…吉川由紀/テーマ別解説(Ⅰ どうして今、沖縄戦なのか〈今、なぜ沖縄戦を学ぶのか/沖縄戦と今日の基地問題 他〉/Ⅱ 沖縄戦とはどのようなものだったのか〈どうして沖縄が戦場になったのか/戦時下の沖縄の人々 他/【コラム】①サイパン島の戦争②軍事一色の住民生活③ある渡嘉敷島出身者の戦争・戦後体験④明暗を分けた中部の住民体験⑤地獄を見た護郷隊員⑥戦場をさまよう⑦米軍の航空作戦〉/Ⅲ 沖縄戦の諸相〈疎開と引き揚げ/沈められた船 他/【コラム】⑧ヤーサン・ヒーサン・シカラーサン⑨渡嘉敷島の「集団自決」を伝える⑩ガマでの避難生活⑪沖縄に残された日本軍「慰安婦」⑫沖縄戦と移民(1)引き裂かれた兄弟⑬沖縄戦と移民(2)警戒され利用され〉Ⅳ 人々の沖縄戦体験〈家族にとっての沖縄戦/防衛隊 他/【コラム】⑭男子学徒隊員の証言⑮女子学徒隊員の証言⑯仲宗根政善の戦中戦後⑰戦火の御真影奉護隊〉/Ⅴ 沖縄戦が残したもの〈奪われた故郷/戦没者の追悼と援護法 他/【コラム】⑱すべての戦没者を追悼する平和の礎⑲不発弾処理にあと七〇年⑳ウルトラマンと金城哲夫〉)/おわりに…普天間朝佳/〔付録〕読書ガイド/博物館・祈念館ガイド/歩いて学べる戦跡コース/兵器ガイド