戦後日本の教科書問題

日教組と文部省の対立や教科書無償化、家永教科書裁判などの諸問題を、従来とは異なる視点で分析して実態に迫る。

ご注文

9,900円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 石田 雅春
ジャンル 日本史  > 近現代史
各テーマ史  > 教育史・社会福祉史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2019/10/16
ISBN 9784642038874
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 9,900円(税込)
在庫 在庫僅少
戦後日本の教科書問題

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
教育課程や検定制、歴史教科書の記述内容などを焦点に進められてきた戦後の教科書問題研究。昭和20年から50年ごろまでの諸問題を、占領期・講和独立後・家永教科書裁判提訴後にわけて分析。占領期の文部省とCI&E、中教審と国民意識、日教組と文部省という対立構図に着目し、これまでとは違った視点から教科書問題の実態に迫る注目の書。
序章 本書の分析視角/敗戦直後の文部省の自主改革とCI&E―教科書改訂に焦点を合わせて(占領開始直後の状況/文部省による自主改革の挫折)/国定制から検定制への転換過程(制度転換への準備/日教組と検定制)/CI&E教育課による検定教科書審査の実態―機構と問題(CI&E教育課の審査機構/CI&E教育課の審査上の問題/CI&E教育課による審査の特徴)以下細目略/一九五五年前後の文教政策と教科書問題―「逆コース」の理解に対する一考察/中央教育審議会と教科書問題―「教科書制度の改善に関する答申」の形成過程を中心に/教科書無償化実現の政治過程と自由民主党/家永教科書裁判と支援運動/教科書問題をめぐる言説―新聞報道の分析をもとに/終章 まとめと考察