オンデマンド版

近代日本と「高等遊民」 (POD版)

社会問題化する知識青年層

高学歴だが一定の職にない「高等遊民」の実像と政治社会への影響、解決策を解明。現代のフリーター問題にも通ずる社会矛盾を考える。

ご注文

13,200円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
POD版 冊子版
著者 町田 祐一
ジャンル 日本史  > 近現代史
各テーマ史  > 教育史・社会福祉史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2019/10/01
ISBN 9784642737999
判型・ページ数 A5・364ページ
定価 13,200円(税込)
在庫 在庫僅少
近代日本と「高等遊民」

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
明治末~昭和初期、高等教育を受けながら一定の職にない「高等遊民」が社会問題化した。「危険思想」への傾斜が懸念された彼らに、政府や世論はどう対応したのか。高等遊民の実像と政治社会へ与えた影響、各種政策や自助努力による解決策をメディア史料などから解明。現代のニート・フリーター問題にも通ずる社会矛盾を考え、近代日本社会を問い直す。