大学アーカイブズの成立と展開

公文書管理と国立大学

各国立大学の事例を挙げて成立過程を詳述。大学史編纂と文書管理制度の中に大学アーカイブズ史を位置づけ、その意義や可能性を解明。

ご注文

12,650円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 加藤 諭
ジャンル 日本史  > 近現代史
各テーマ史  > 教育史・社会福祉史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2019/11/13
ISBN 9784642038911
判型・ページ数 A5・424ページ
定価 12,650円(税込)
在庫 在庫僅少
大学アーカイブズの成立と展開

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
教育・研究機関として発展してきた大学には、運営などに関する多くの資料が存在し、20世紀後半以降、アーカイブズの成立と展開の一翼を担ってきた。東北・東京・九州・名古屋・京都など各国立大学の事例を挙げて成立過程を詳述。日本の大学史編纂と文書管理制度の中に、大学アーカイブズ史を位置づけ、アーカイブズの意義や可能性を解明する。
序章 本書の視点と構成/国立大学におけるアーカイブズの誕生―東北大学五十年史編纂と記念資料室の成立/情報公開法施行前の国立大学における文書管理規程と文書移管―東京大学を事例に/東京大学における百年史編纂後のアーカイブズ構想と展開過程/東京大学史史料室設置後の活動と学徒出陣五〇周年調査報告/ポスト年史編纂組織と大学アーカイブズ理念の波及―九州大学大学史料室の設置と活動/名古屋大学における史資料室設置と制度設計の模索/大学アーカイブズによる催事展開―東北大学を事例に/国立大学法人化問題と東北大学アーカイブズの改組―記念資料室から史料館へ/京都大学大学文書館設置構想の特質とその経緯/東京大学における文書移管制度・評価選別基準の形成過程―情報公開法施行以降を中心に/終章 本書の総括と展望