アイヌ語の世界〈新装普及版〉 (新装版)

文法・系統・口承文学をわかりやすく解説。金田一京助らアイヌ語研究者の思い出も収める。不朽の名著を装い新たに復刊。

ご注文

3,850円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
新装版 旧版
著者 田村 すゞ子
ジャンル 文化人類学
地域 北海道
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2020/02/25
ISBN 9784642085304
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 3,850円(税込)
在庫 在庫あり
アイヌ語の世界〈新装普及版〉

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
日本の言語の一つとして広く知られながら、具体的な内容はよく知られていないアイヌ語。その調査・研究・教育に半世紀にわたり携わってきた著者が、アイヌ語の文法・系統・口承文学を分かりやすく解説。アイヌ語が置かれた状況に対するその時々の発言や、金田一京助らアイヌ語研究者の思い出など貴重な論考も収める。不朽の名著を装い新たに復刊。
まえがき/Ⅰ アイヌ語はどんなことばか(アイヌ語〈系統/分布/音韻/文法/表現法/語彙〉/アイヌ語について〈アイヌ語が話されていた地域/アイヌ語の状況/アイヌ語とはどんな言語か/話せなかった人が話せるようになった例/アイヌ語の実例/〈ことばの世界〉アイヌ語〉以下細目略)/Ⅱ アイヌ語の系統(アイヌ語と日本語/日本語とアイヌ語との関係/日本語系統論について―アイヌ語との関わりで)/Ⅲ アイヌ語をめぐる状況(危機に瀕した言語の研究者の課題/アイヌ語は、いま/危機言語の調査・研究について/アイヌ語の記録・保存について/「アイヌ語を」から「アイヌ語で」へ―言語が生きるということ)/Ⅳ アイヌ語研究の先学(バチラーの辞典について/「アイヌ語学講義」の校正のときの金田一先生/知里先生のこと/服部四郎先生の弟子として歩み始めた日々/服部四郎先生とアイヌ語のアクセント)