列島の戦国史 4

室町幕府分裂と畿内近国の胎動

試し読み

16世紀前半、幕府は分裂し新たな社会秩序の形成へと向かう。三好政権成立などを描き、畿内近国における争乱の歴史的意味を考える。

ご注文

2,750円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 天野 忠幸
ジャンル 日本史  > 中世史
地域 近畿
シリーズ 日本中世史  > 列島の戦国史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2020/07/30
ISBN 9784642068512
判型・ページ数 四六・296ページ
定価 2,750円(税込)
在庫 在庫あり
室町幕府分裂と畿内近国の胎動

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

16世紀前半、明応の政変などを経て室町幕府は分裂。分権化が進み、新たな社会秩序の形成へと向かう。三好政権の成立、山城の発展、京都や大阪湾を取り巻く流通などを描き、畿内近国における争乱の歴史的意味を考える。

将軍の更迭・追放・殺害の反動―プロローグ/将軍家・管領家の分裂(復位する将軍足利義稙と細川高国/朽木大樹足利義晴と堺公方足利義維/天文の宗教一揆)/三好政権の成立(守護家を越える守護代/三好長慶の台頭/将軍を擁しない支配/東アジアとの関係)/畿内社会の様相(荘園・村落の世界/都市の発展/首都を取り巻く流通)/宗教と文化(顕密寺社の力/新たな宗教勢力/公家の活動/武家と民衆を結んだ文化)/領国の支配(城と城下町の構想/支配の枠組み/惣国の一揆/諸大名の支配)/相対化される幕府(室町幕府と三好政権の対立/足利義輝の改革/永禄の変と天下再興)/統一政権の前提―エピローグ