近世日本の災害と宗教

呪術・終末・慰霊・象徴

呪術・終末・慰霊・象徴をキーワードに災害における人々の認識と実践を追究。宗教学の視点から「災害文化」として体系的に捉え直す。

ご注文

13,200円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 朴 炳道
ジャンル 日本史  > 近世史
宗教史  > 宗教史一般
各テーマ史  > 環境史・自然史・災害史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/02/26
ISBN 9784642043366
判型・ページ数 A5・344ページ
定価 13,200円(税込)
在庫 在庫あり
近世日本の災害と宗教

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
近世社会を生きた人々は、地震・飢饉・大火や疫病といった災害に対し、どのように対処してきたのか。呪術・終末・慰霊・象徴をキーワードに、「災害見聞記」や「災害供養塔」、「鯰絵」「はしか絵」「コレラ絵」などを資料とし、災害における人々の認識と実践を追究する。宗教学の視点から、生存の危機や対処の過程を「災害文化」として体系的に捉え直す。
序章 「災害と宗教」研究序説/「災害見聞記」からみる呪術と終末―寛文二年の近江・若狭地震と『かなめいし』(「災害見聞記」と中世日本における災害の記録/寛文二年の近江・若狭地震の「災害見聞記」―浅井了意の『かなめいし』/『かなめいし』に表れている災害除けの呪術と信仰/『かなめいし』の終末論―「災害終末」のイメージ/日本民俗・民衆宗教史における「災害」の意味)以下細目略/近世火災における死・埋葬・慰霊―明暦三年の大火と回向院の開創/近世飢饉における死・埋葬・慰霊―享保十七~十八年の大飢饉と飢饉死者/近世災害死者をめぐる認識と実践―「無縁」の近世的意味/近世疫病における災害の象徴化―文久二年の麻疹大流行と「はしか絵」の登場/幕末災害の象徴化と「災害錦絵」―「疱瘡絵」「鯰絵」「はしか絵」「コレラ絵」の相互比較を通して/終章 まとめと展望―「災害と宗教」研究の可能性