歴史文化ライブラリー 522

アクセサリーの考古学

試し読み

倭と古代朝鮮の交渉史

朝鮮半島から贈られた品々にはいかなる意図が込められていたか。発掘されたアクセサリーを紹介しつつ身に着けた人びとの群像を活写。

ご注文

1,980円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
冊子版
著者 高田 貫太
ジャンル 考古学  > 考古学一般
世界史  > 東洋史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/04/16
ISBN 9784642059220
判型・ページ数 四六・288ページ
定価 1,980円(税込)
在庫 在庫あり
アクセサリーの考古学

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

古墳時代のさなか、日本列島では冠・耳飾り・飾り帯など貴金属のアクセサリーが流行した。新羅(しらぎ)・百済(くだら)・加耶(かや)など朝鮮半島の様々な社会から古代日本の倭へ贈られた品々には、いかなる意図が込められていたのか。発掘されたアクセサリーを紹介しながら、海を越える個人や集団の細やかなつながりや、それらを身に着けた人びとの群像を生き生きと描く。

アクセサリーから読み解く―プロローグ

新羅・百済・大加耶のアクセサリー入門
 垂飾付耳飾り―基本のアイテム〈新羅/百済/大加耶〉
 冠―権威の象徴〈新羅/百済/大加耶〉
 飾り帯―有力者の間でひろまる〈新羅/百済/大加耶〉
 飾り履―儀礼と死者のために
 首飾り、腕輪、指輪―多彩な装い
 アクセサリーが演出するもの

社会をつなぐ―四世紀後半~五世紀前半
 倭の金銀アクセサリーのさきがけ
 新羅と倭の兄弟龍
 新羅から倭へ派遣された高位の人物か
 大加耶の耳飾りに魅せられた人びと
 百済と倭をつなぐ
 倭系古墳に副葬された百済の冠帽と飾り履

交流と葛藤を演出する―五世紀後半
 高句麗の進攻をしめす
 新羅と加耶のはざまで
 新羅と北部九州をつなぐ
 倭のトレンドアクセサリー
 倭王権の外交の一翼を担って
 大加耶と百済のはざまで

緊迫した情勢の中で―六世紀
 キャスティングボードをにぎる
 百済と倭の蜜月な関係をしめす
 贈ったのは百済か新羅か
 朝鮮半島の前方後円墳から出土した「倭」の冠
 大加耶と新羅のひとときの交流
 耳飾りからみた「磐井の乱」
 沖ノ島に奉献された新羅の指輪
 百済と倭の官人が身に着けた耳飾り

アクセサリーがつむぐ―エピローグ