『一遍聖絵』の世界

試し読み

全篇にわたり詞書に沿って構図に注目。豊富なカラー図版で一遍の足取りを辿り、明らかにされていなかった絵巻の全体像と魅力に迫る。

ご注文

2,200円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 五味 文彦
ジャンル 美術史  > 日本美術史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/06/30
ISBN 9784642083966
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 2,200円(税込)
在庫 在庫あり
『一遍聖絵』の世界

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

踊念仏で知られる一遍の生涯を描いた国宝絵巻『一遍聖絵』。鎌倉時代後期の社会を活写した重要資料を、その全篇にわたって詞書に沿って構図に注目する。豊富なカラー図版で一遍の足取りを辿り、人びとの姿や動き、自然の移ろいに目をこらす。これまでの研究でいまだ明らかにされていなかった『一遍聖絵』の全体像と魅力に鮮やかに迫る注目の一冊。

はじめに/『一遍聖絵』の制作(出家した一遍/修行の始まり/信仰の確信/遊行の開始/熊野での啓示)/遊行の旅路(融通念仏の遊行/苦難の遊行を経て/福岡の市/京の因幡堂)/踊念仏とともに(踊念仏の始まり/東山道の遊行/奥州への道)/東海道の一遍(鎌倉入りと踊念仏の展開/板屋舞台での踊念仏/伊豆三島社での往生と奇瑞/東海道での奇瑞)/踊念仏の熱狂から農漁村へ(入京への試練/京の一遍/北国の旅路をゆく)/先達の古跡を追って(神事・仏事の奇瑞/聖徳太子の跡を訪ねて/往生を考える/今様に誘われて/芸能を訪ねて)/最期の旅(伊予三島社の一遍/往生の地を求めて/臨終の地に向かう/臨終の時/一遍の往生)/『聖絵』とその周辺(絵巻はいかに制作されたか/聖戒とその周辺/『聖絵』の工夫/円伊はいかなる絵師か/『一遍聖絵』と他の一遍関係絵巻との違い)