古代信濃の氏族と信仰

試し読み

金刺舎人氏など有力豪族の動向や諏訪信仰の対象が変化する社会的背景を分析。氏族と信仰を切り口に新たな古代信濃史像を提示する。

ご注文

10,450円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 佐藤 雄一
ジャンル 日本史  > 古代史
宗教史  > 宗教史一般
地域 甲信越  > 長野県
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/07/28
ISBN 9784642046626
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 10,450円(税込)
在庫 在庫あり
古代信濃の氏族と信仰

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

有数の馬の産地で、東方諸国との通交の要地として古代王権から重視されていた信濃。牧の運営を担い、中央にも出仕した金刺舎人(かなさしのとねり)氏などの有力豪族の動向を分析。また諏訪信仰の対象が、自然神の祭祀からやがて国譲り神話に登場する建御名方神(たけみなかたのかみ)へと変化する社会的背景を探る。地域社会に根ざす氏族と信仰を切り口に新たな古代信濃史像を提示する。

序章 古代信濃研究の視角と本書の課題/古代信濃の氏族(信濃の渡来氏族〈問題の所在/五世紀代の渡来人/六世紀代の科野と渡来人/七世紀以降の渡来人/結語〉/科野国造の成立と展開―諏訪国造と関連して〈問題の所在/信濃の国造勢力/諏訪地域の国造勢力/結語〉/信濃国の牧とその運営氏族〈問題の所在/牧制度の成立と展開/信濃国と他国における牧の景観/古代における信濃の馬の役割/結語〉以下細目略/信濃国の阿曇氏)/古代信濃の信仰―諏訪を中心として(建御名方神の創作と太(多)氏/国譲り神話と天武・持統朝―信濃造都計画と建御名方神/古代の諏訪における信仰/古代地域社会における信仰と律令祭祀/古代諏訪信仰の始まりとその変質)/終章 古代信濃の氏族・信仰と地域社会