読みなおす日本史

沖縄からアジアが見える

試し読み

シーサーや爬龍船競争、ミルク神などの民俗慣習を綿密に調査。沖縄文化の独自性を探り、アジア諸文化との関連を平易に解説する。

ご注文

2,420円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 比嘉 政夫
ジャンル 日本史  > 地域史
地域 沖縄県
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/10/14
ISBN 9784642071680
判型・ページ数 四六・200ページ
定価 2,420円(税込)
在庫 在庫あり
沖縄からアジアが見える

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

南島の文化や民俗は、多くの人々を魅了してやまない。沖縄に生まれ育った著者が故郷に残るシーサーや爬(ハ)龍(ーリ)船(ー)競争、ミルク神などの民俗慣習を綿密に調査。沖縄文化の独自性を探り、アジア諸文化との関連を平易に解説する。

はじめに/日本のなかの琉球王国(地方独自のことば―方言のこと/ことばの類似と相違―沖縄の内と外と/日本語のなかの琉球のことば/民族から見た本土と琉球)/中国大陸の文化と沖縄(中国大陸三〇〇〇キロを歩く―歴史の再現/琉球にもたらされた中国文化/大陸文化を運んできた人たち―三十六姓と官生/中国的な社会制度の受容―姓・父系あるいは男性中心の仕組み)/東南アジアへのまなざし(音への郷愁―島嶼と大陸/文化の個性、多様性の生み出すもの/爬龍船と「をなり神」―アジアの地域文化とのつながり/舟漕ぎ行事のアジアでのひろがり)/染織・布・をなり神―女性の地位・役割・象徴(女性の仕事・役割/妹の力、をなり神信仰とアジア/姉妹と兄弟の呪的な絆―東南アジア島嶼地域へのひろがり)/おわりに―文化研究の視野/琉球・沖縄略年表/『沖縄からアジアが見える』の背景とは…渡邊欣雄