近世公武の奥向構造

試し読み

厖大な公家史料から世継ぎの出産・養育や朝廷の意思決定への関与、それらを支える組織などを分析。朝幕関係をふまえ奥向運営に迫る。

ご注文

10,450円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 石田 俊
ジャンル 日本史  > 近世史
日本史  > 女性史・ジェンダー史・家族史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/11/19
ISBN 9784642043441
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 10,450円(税込)
在庫 在庫あり
近世公武の奥向構造

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

近世の公家・武家社会の奥向は、いかなる役割を果たしてきたのか。近世後期の奥向の姿を近世全体に反映させている研究状況へ疑義を呈し、厖大な公家史料の博捜と読解から江戸時代中期を中心に具体像を明らかにする。世継ぎの出産・養育や朝廷の意思決定への関与、それらを支える組織・制度化の過程などを分析。朝幕関係をふまえて奥向運営に迫る。

序章 研究史と本書の構成/近世の朝廷運営と奥向(霊元天皇の奥と東福門院〈寛文三年~七年における朝廷運営と奥/禁闕騒動と奥の統制/延宝~貞享期の奥〉/元禄期の朝幕関係と綱吉政権―中御門資熈の「執権」を中心に〈霊元院院政の変質/内々の儀における准后の「執権」/中御門資熈の「執権」/綱吉政権の対応〉以下細目略/近世中期の朝廷運営と外戚/近世中期の禁裏女中と「伊予日記」/近世朝廷における意思決定の構造と展開―「表」と「奥」の関係を中心に)/近世武家社会における奥向(綱吉政権期の江戸城大奥―公家出身女中を中心に/桂昌院と寺院―長命寺穀屋の尼僧との関わりをめぐって/松江藩松平家の奥向と奥女中/松平宣維室天岳院の立場と役割)/終章 課題と展望