歴史文化ライブラリー 320

江戸の寺社めぐり (POD版)

鎌倉・江ノ島・お伊勢さん

参拝のために故郷を後にした庶民の覚悟。文人層の修養と名所めぐりの旅。行動文化の視点から、旅の大衆化が進む江戸時代を探訪する。

ご注文

2,530円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
POD版 冊子版
著者 原 淳一郎
ジャンル 日本史  > 近世史
宗教史  > 宗教史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
オンデマンド版
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2021/11/02
ISBN 9784642757201
判型・ページ数 四六・200ページ
定価 2,530円(税込)
在庫 在庫僅少
江戸の寺社めぐり

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
鎌倉・江ノ島・お伊勢さん…。泰平の世、全国の善男善女はこぞって名所めぐりの旅に出かけた。寺社参拝のために故郷を後にした庶民の覚悟。修養と名所めぐりをかねた文人層の旅。一生に一度のイベントに、人々は何をどう準備し、いかに行動したのか。ご利益・名所見物・グルメ・お土産など、行動文化の視点から、旅の大衆化が進む江戸時代を探訪。
江戸の旅と現代の旅―プロローグ/旅に出る前に(往来手形と関所手形/参詣講/餞別と土産)/旅の実態(ルートの選択―円か直線か?/参拝の実態/旅の食事/山岳信仰―大衆化のなかの聖性)/文人層の旅(文人層の旅の特性/地誌の役割/近代的な眼―人に厳しい文人層/武家の聖地鎌倉/文人層と庶民が交わる場―江ノ島)/旅の大衆化(堕落した宗教?/負け組の巻き返し/かつてたくさん廻ってきた宗教者/伊勢参宮の動態化―参詣地の複合化へ/行動する文化の時代)/旅の大衆化を経て―エピローグ