歴史文化ライブラリー 556

遠野物語と柳田國男

試し読み

日本人のルーツをさぐる

日本民俗学の出発点『遠野物語』。東北の不思議な話を収めたこの著作から、柳田は何を説こうとしたのか。日本人の歴史的変遷を探る。

ご注文

1,870円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 新谷 尚紀
ジャンル 民俗学  > 民俗学一般
地域 東北  > 岩手県
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2022/08/18
ISBN 9784642059565
判型・ページ数 四六・238ページ
定価 1,870円(税込)
在庫 在庫あり
遠野物語と柳田國男

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

東北地方の山間盆地に伝わる説話や体験談を筆記・編纂し、日本民俗学の出発点となった『遠野物語』。山姥など異世界の住人、河童・ザシキワラシといった妖怪や、犬・猿・馬などが登場し、臨死体験、神隠しなど不思議な話を収めたこの著作から、柳田は何を説こうとしたのか。伝承にひそむ古来の生活様式やものの見方を知り、日本人の歴史的変遷を探る。

柳田國男と『遠野物語』―プロローグ/異世界の住人たち 山人・山女・山姥(山人/山女・山姥)/跋扈する妖怪たち ザシキワラシと河童(ザシキワラシ/河童)/動物たちの物語 狼と猿(御犬・狼/大猿)/神々の来歴 地勢と信仰(遠野郷の地勢/オシラサマ)/『遠野物語』はどう読まれてきたか(現代史の中の『遠野物語』 /一九六〇~二〇〇〇年代の『遠野物語』)/柳田國男と『遠野物語』と日本人―エピローグ