オンデマンド版

明治国家と地域教育 (POD版)

府県管理中学校の研究

全国のいくつかの府県管理中学校から、国家と地域との関係性のダイナミズムを解明。現代の「地域教育」のあり方に問題提起をする。

ご注文

17,600円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
POD版 冊子版
著者 荒井 明夫
ジャンル 日本史  > 近現代史
各テーマ史  > 教育史・社会福祉史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2022/10/01
ISBN 9784642737982
判型・ページ数 A5・452ページ
定価 17,600円(税込)
在庫 在庫僅少
明治国家と地域教育

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
明治初期の文明化・近代化において、国家政策として提起された近代学校制度。民衆の支持基盤が不可欠だった地域の教育制度の創設・確立と学校造りの営みは、どのように展開したのか。全国のいくつかの府県管理中学校を通して、国家と地域との関係性のダイナミズムを解明。現代の「地域教育」のあり方に歴史的立場からの検証と問題提起をする。
はしがき/凡例/序章 本研究の課題と方法/中学校設置政策の展開と府県管理中学校の役割(一八八六年中学校令と諸学校通則の歴史的意義/一八八六年中学校令と各府県の対応/諸学校通則第一条適用中学校の概要と類型化)/府県管理中学校の事例研究(旧藩主と民衆の寄付金を合わせて資本金とした事例/教育義会が学校資本金を集めた事例/民衆の寄付金を学校基本金とした事例)/府県管理中学校における学校設立をめぐる地域の教育要求と学校管理の相剋(中学校設立をめぐる地域の教育要求組織化/学校基本金拠出主体と学校管理の諸形態)/補論 京都府尋常中学校の管理をめぐる京都府と真宗大谷派との相剋/結章 本研究の総括と今後の課題