児童福祉の戦後史

試し読み

孤児院から児童養護施設へ

敗戦後の孤児院は、児童養護施設や障がい児施設に変貌していく。施設史料を軸に児童福祉の戦後を描き、「家庭」の歴史にも言及する。

ご注文

3,850円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 本庄 豊
ジャンル 日本史  > 近現代史
日本史  > 女性史・ジェンダー史・家族史
各テーマ史  > 教育史・社会福祉史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/01/27
ISBN 9784642039239
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 3,850円(税込)
在庫 在庫あり
児童福祉の戦後史

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

敗戦後の駅や街にあふれた「浮浪児」たち。その中には戦争孤児だけでなく生活困窮児や捨て子、障がいをもつ子どもたちがいた。彼らを収容した孤児院は、やがて児童養護施設や障がい児施設に変貌していく。近江学園や東光学園などの施設史料を軸に、教育方法や施策の変遷など、未解明だった児童福祉の戦後を描き、「家庭」の歴史にも言及した注目作。

まえがき/序章 本書の趣旨と構成/初期近江学園の「戦争孤児」(石山(南郷)時代〈近江学園の発足/金髪の混血児の死/石山(南郷)時代跡地をたずねて/窯業・畜産の失敗と近江学園事件、一麦荘〉/初期近江学園の「戦争孤児」〈『報告書』第1集・上・統計資料/『報告書』第1集・下・事例など/『年報』第2号/『年報』第3~5号〉)/戦前戦後の「児童福祉」(戦前の「児童福祉」〈戦前における育児院(孤児院)の開設/ジャパン・レスキュー・ミッション/大阪水上隣保館と梅田厚生館/近江学園の前身・三津浜学園〉/戦後の児童養護施設〈孤児捨子の責任の所在は国にある/児童福祉法の成立/雑誌『社会事業』戦後復刊第一号/厚生省児童局「混血児童実態報告書」〉以下細目略)/東光学園に眠る史料(東光学園の再出発/東光学園に眠る史料)/終章 孤児院から見えてくる「家庭」の歴史と今/「児童福祉」戦前戦後略年表