満洲の日本人〈新装版〉 (新装版)

エリート満鉄職員、一攫千金を夢見た商人…。彼らの喜怒哀楽を描き、「満洲史のなかの日本人」という観点から暮らしを復元する。

ご注文

2,420円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
新装版 旧版
著者 塚瀬 進
ジャンル 日本史  > 近現代史
世界史  > 東洋史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/02/27
ISBN 9784642084277
判型・ページ数 四六・256ページ
定価 2,420円(税込)
在庫 在庫あり
満洲の日本人〈新装版〉

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
満洲事変まで、約20万の日本人が暮らした満洲。日露戦争を契機に、一攫千金を夢見てやって来た小売商や飲食業者、満洲権益を担った満鉄社員らの喜怒哀楽を描き、「満洲史のなかの日本人」という観点から暮らしぶりを復元する。名著『満洲国―「民族協和」の実像―』と並び、満洲の地域性にこだわりながら日本人の事跡を描いた注目作を新装復刊。
はじめに/満洲への日本人の流入/日露戦争による在満日本人の変化(日露戦争と在満日本人/満洲統治機構の形成/満鉄社員の渡満/戦争景気消滅後の在満日本人/「満洲経営悲観論」の提唱)/在満日本人の活況と苦境(第一次世界大戦と在満日本人/大連の発展と戦後不況/満鉄付属地の発展とその特徴/東支鉄道沿線の日本人/満鉄の重役と社員たち)/在満日本人の社会生活(住民自治の問題点/馬賊と満洲社会/在満日本人を保護する警察・軍隊/使用通貨をめぐる問題/教育問題から見た在満日本人の様相)/苦闘する在満日本人(満洲をめぐる政治経済情勢の変化/ハルビンをめぐる政治経済情勢の変化/日本人輸出商の問題/日本人輸入商の問題/日本人小売商の問題/満鉄の変化/在満日本人のゆきづまり)/在満日本人社会の諸相(在満日本人社会の特徴/アヘンと関東州/在満日本人のなかの子供や女性/中国人労働者と在満日本人/中国語と在満日本人)/おわりに