家からみる江戸大名

南部家

試し読み

盛岡藩

江戸への傾倒から「国風」重視、他者の視線への意識から江戸文化受容へ価値観を転換し、「家」のあり方を模索し続けた南部家を描く。

ご注文

2,420円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 兼平 賢治
ジャンル 日本史  > 近世史
地域 東北  > 岩手県
シリーズ 家からみる江戸大名
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/04/28
ISBN 9784642068789
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 2,420円(税込)
在庫 在庫あり
南部家

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

盛岡藩主・南部家は、江戸への傾倒から「国風」の重視、その後、他者の視線への意識から、江戸文化の受容へと価値観を転換していった。社会の変化の中で「家」のあり方を模索し続けた、大名家の江戸時代を描き出す。

プロローグ 北奥の領主南部信直の「日本」との出会い/藩主・家老として生きる―中世の領主から近世の藩主・家老へ/暴君重直による新参家臣の召抱えと南部騒動―「家中」の形成と「御家」の存続危機/殉死と剃髪―藩主個人への忠義、「御家」への忠義/南部家の結婚と離婚―離婚と再婚、夫との死別を経験した南部幕の一生/「田舎者」と「笑われ」ても構わない―南部家の歴史を重んじる/「笑われない」南部家に―「外聞」を気にする藩主たち/国持大名にふさわしい南部家へ―将軍に自分を重ねあわせる利済/エピローグ―幕末の混乱と盛岡藩南部家の終焉/コラム(信直・利直とその家族の戒名と南部家の墓/利直書状にみる利直と重直の親子関係/重直による相続人選定/改易となった藩主の預け先 御家断絶・御家再興/盛岡藩士の結婚年齢/藩主南部利視と商人前川善兵衛家)