歴史文化ライブラリー 574

武田一族の中世

試し読み
新刊

甲斐を拠点に全国へ展開した武田氏は、いかに清和源氏一門としての地位を確立したのか。系譜資料や伝承から500年の軌跡をたどる。

ご注文

2,200円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 西川 広平
ジャンル 日本史  > 中世史
地域 甲信越  > 山梨県
中国  > 広島県
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/07/21
ISBN 9784642059749
判型・ページ数 四六・336ページ
定価 2,200円(税込)
在庫 在庫あり
武田一族の中世

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

東西交通の要衝甲斐を拠点に、安芸や若狭をはじめ全国へ展開した武田氏。源頼朝に対抗した信義や戦国随一の名将信玄で有名な一族は、いかに家系断絶の危機を乗り越え、清和源氏一門としての地位を確立したのか。鎌倉・室町期の動向や系譜資料、楯(たて)無鎧(なしよろい)の伝承から『甲陽軍鑑』にみえる家格と由緒への意識を解き明かし、500年の軌跡をたどる。

『甲陽軍鑑』が語る武田氏像―プロローグ/武田氏の成立と鎌倉幕府(義光流源氏と東国/治承・寿永の内乱と武田信義/鎌倉御家人における武田氏の地位)/室町幕府と武田氏(武田信武と安芸・甲斐武田家の成立/室町幕府・鎌倉府の抗争と危機の時代)/戦国大名甲斐武田家の興亡(戦国甲斐国の幕開け/武田信虎と甲斐国の統一/武田信玄・勝頼による武田氏の再編と滅亡)/由緒の成立と継承(武田氏系図の成立/楯無鎧の伝承をめぐって)/武田氏像の創出―エピローグ