人物叢書 319

中田薫 (冊子版)

試し読み
新刊

日本の法制史学の創始者。支配者目線の日本史を個人の権利意識から私法史に捉え直し、大学の自治、学問の自由のために戦った生涯。

ご注文

2,640円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
冊子版 電子書籍
著者 北 康宏
ジャンル 日本史  > 近現代史
日本史  > 伝記
地域 甲信越  > 山梨県
シリーズ 人物叢書
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/07/13
ISBN 9784642053129
判型・ページ数 四六・368ページ
定価 2,640円(税込)
在庫 在庫あり
中田薫

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

日本の法制史学の創始者、東京帝国大学法学部教授。梅謙次郎から学んだ自然法観念のうえにドイツ歴史法学と自由法論を応用し、従来の支配者目線の日本歴史を個人の権利意識から私法史として捉え直した。堅実な研究生活と学問形成、熱烈な学問愛に基礎づけられた「大学の自治」「学問の自由」のための闘争など、その知られざる生涯を多角的に描く。

はじめに/転勤族官僚の子の日本各地での文化体験(山梨甲府での誕生―中田家の出自と鹿児島での生活/高等中学校時代―鹿児島から京都へ、そして仙台へ/第二高等学校での日常と交友/校長排斥運動と中田の単独行動―旧制高校の学生気質のなかで)以下細目略/東京帝国大学法科大学における学問形成と恋愛/大学院・助教授時代の研究と戸水事件の体験/欧州留学/法学部「若手グループ」の活躍と大学の自治/中田の教育理念と学問の自由/大学行政での活躍と講義準備・学生指導の日々/関東大震災後の大学復興と研究の進展/法学部長として―左翼運動と学生処分/軍国主義の抬頭と大学自治の危機/中田の退官と戦時下の大学/戦中・戦後の生活と静かな晩年/おわりに/中田家関係系図/略年譜