日本近世史を見通す 4

地域からみる近世社会

試し読み
新刊

近世の村と町はいかに形成され、変化したのか。都市の開発、労働力の奪い合い、在方町の行財政など、地域社会と権力のあり方を解明。

ご注文

3,080円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 岩淵 令治
志村 洋
ジャンル 日本史  > 近世史
シリーズ 日本近世史を見通す
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/11/27
ISBN 9784642068871
判型・ページ数 A5・220ページ
定価 3,080円(税込)
在庫 在庫あり
  • 地域からみる近世社会
  • 地域からみる近世社会

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
近世の村と町は、いかに形成され、変化したのか。都市の開発、労働力の奪い合い、在方町の行財政、多様な生業に支えられた人びとの生活、江戸の町を舞台とした諸身分の交錯など、地域社会と権力のあり方を解き明かす。
プロローグ…岩淵令治・志村 洋/城廻り村と家中名請地…志村 洋(家中名請地/松本城の周辺村/松本藩の家中名請地/松本藩の上り地)/古村と新田村の労働調達競争…萬代 悠(旧大和川筋の町人請負新田/町人請負新田近郊の古村)/近世前期の開発と土豪・百姓・隷属農民…小酒井大悟(江戸近郊村落の開発と土豪・百姓/上野国山間村落の開発と百姓・家抱)/コラム1 漁村…東 幸代/「勧農」と「取締」の幕末社会…岩城卓二(石見銀山附御料のなかの五ヵ村/天保の危機と堀家の家政改革/五ヵ村取締役と地域社会)以下細目略/諸身分の交点としての江戸〈久保町〉…岩淵令治/コラム2 インフラ 髙橋元貴/在方町の社会構造と行財政システム…酒井一輔/災害と都市社会…渡辺浩一