近世公家社会と学問

試し読み
新刊

江戸幕府の統制下、因習的世界に沈滞していた公家は、幕末になぜ浮上しえたのか。新しい政治主体を形成させていく過程を解明する。

ご注文

12,100円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 佐竹 朋子
ジャンル 日本史  > 近世史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/12/22
ISBN 9784642043571
判型・ページ数 A5・416ページ
定価 12,100円(税込)
在庫 在庫あり
近世公家社会と学問

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

「公家衆法度」を定めた江戸幕府による統制の下、先例や伝統などを重視する因習的な世界に沈滞していた公家は、幕末になぜ浮上しえたのか。近世の公家日記を読み解き、現状を変革していこうとする政治意識の芽生えを追究。儒学や有職研究などの学問を通じて公家が自己形成を実現させ、新しい政治主体を形成させていく過程を実証的に明らかにする。

序章 研究史整理と本書の課題/近世公家社会における葬送儀礼(中院家に見る近世公家社会の葬送儀礼/野宮家葬送儀礼/野宮定基の葬礼観)/野宮家における家業の継承―野宮定之を事例として(野宮家と定基・定俊・定之について/家業の継承について/定之の学問観/定之の学問と家業/書物の購入)/一八世紀公家社会における学問と家業―滋野井家を事例として(一八世紀公家社会における学問的世界/一八世紀公家社会における家業/「滋野井家閑院一流之事」)以下細目略/近世公家社会における一門―勧修寺一門を事例として/家礼関係に見る家礼の役割/三条実万の学問履歴/幕末公家社会における三条実万の役割/学習院学問所設立の歴史的意義/幕末の修陵事業―朝廷側の視点から/終章 近世公家社会と有職故実