オンデマンド版

慶滋保胤と浄土思想 (POD版)

平安時代中期、わが国初の往生伝集を編纂した慶滋保胤の生涯を、源信との関わりなどを通して、浄土思想の発展過程に位置づける。

ご注文

12,100円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
POD版 冊子版
著者 平林 盛得
ジャンル 日本史  > 中世史
宗教史  > 仏教史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/10/01
ISBN 9784642728034
判型・ページ数 A5・318ページ
定価 12,100円(税込)
在庫 在庫僅少
慶滋保胤と浄土思想

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
平安時代中期、藤原氏の権勢下で、官吏として出世する道を閉ざされた中下層貴族たちはどう生きたのか。わが国初の往生伝集を編纂した慶滋保胤の生涯を、源信との関わりを通して、浄土思想の発展過程に位置づける。
序章 慶滋保胤をみつめる/平安期一知識人の行動と著作(摂関期における浄土思想の一考察―慶滋保胤について〈勧学会の結成/日本往生極楽記の撰述/出家から死まで/保胤の回心/同時期の罪悪観〉以下細目略/新出「勧学会記」の発見とその資料性について/十六相讃の全文―佐藤哲英氏の発見の紹介/大陸渡米の往生伝と慶滋保胤/中書大王と慶滋保胤―日本往生極楽記の補訂者)/出家前後から死まで(慶滋保胤の出家前後の諸問題/慶滋保胤書状を考える/慶滋保胤の死―三河入道寂照の入宋に関連して/『今昔物語集』のなかの慶滋保胤)/住居と系図(保胤の住居/慶滋保胤の系図/付篇一 藤原惟成説話の検討/付篇二 楞厳院二十五三昧結衆過去帳)