オンデマンド版

日本古代仏教の文化史 (POD版)

寺院と僧侶をめぐる文化史上の諸問題や神祇信仰における仏教の受容を、文献の博捜と遺品・遺構により学際的視点から分析する。

ご注文

13,200円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
POD版 冊子版
著者 竹居 明男
ジャンル 日本史  > 古代史
宗教史  > 仏教史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/10/01
ISBN 9784642723299
判型・ページ数 A5・364ページ
定価 13,200円(税込)
在庫 在庫僅少
日本古代仏教の文化史

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
寺院と僧侶をめぐる文化史上の諸問題や神祇信仰における仏教の受容を、文献の博捜と遺品・遺構により歴史・宗教・文学・美術の学際的視点から分析。新しい文化史の方法論を模索する著者が20年にわたる成果を集成。
序/Ⅰ部/吉野寺と『日本書紀』(『日本書紀』の寺院関係記事/吉野寺放光樟像をめぐる諸史料/欽明紀十四年五月戊辰朔条の史料性/吉野寺と『日本書紀』)/元興寺の浄人―古代寺院と清掃(浄人の地位と職能/元興寺の浄人/浄人の出現)/東大寺の阿弥陀堂―同寺蔵『阿弥陀悔過料資財帳』の一考察(『阿弥陀悔過料資財帳』の基礎的考察/『阿弥陀悔過料資財帳』をめぐる諸問題)/神宮寺と仏舎利信仰(神宮寺と塔の造営/室生寺と竜穴神)/嘉祥寺と貞観寺(嘉祥寺の概略/貞観寺の成立/貞観寺への寺領集積/貞観寺の沿革概要/貞観寺の伽藍/貞観寺における絵解き)以下細目略/近江関寺と藤原道長/寺院の宝蔵(経蔵)と院政期の文化/聖徳太子と尺八/道昌と仁明朝の宮廷/明達伝の諸問題/解脱上人貞慶と春日信仰/成稿一覧