オンデマンド版

日本中世の禅と律 (POD版)

政治権力と密着しつつ、社会救済活動も行った禅・律僧の世界を読み解く。官僧・遁世僧体制論を提起し、中世仏教史を再構築する。

ご注文

9,900円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
POD版 冊子版
著者 松尾 剛次
ジャンル 日本史  > 中世史
宗教史  > 仏教史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/10/01
ISBN 9784642728300
判型・ページ数 A5・290ページ
定価 9,900円(税込)
在庫 在庫僅少
日本中世の禅と律

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
「此比都ニハヤル物…追従讒人禅律僧」と、建武新政を風刺する二条河原落書に揶揄された禅・律僧。政治権力と密着しつつ、社会救済活動も行った律宗・禅宗の世界を読み解く。新たに官僧・遁世僧(白衣・黒衣)体制論を提起し、中世仏教史を再構築。諸国安国寺・利生塔研究や西大寺叡尊像納入文書「授菩薩戒弟子交名」「近住男女交名」の翻刻は貴重。
中世仏教史研究の歩み―官僧・遁世僧(白衣・黒衣)体制モデル―/Ⅰ=律宗の世界(中世律僧とは何か―興福寺大乗院と西大寺末寺―/叡尊の思想―釈迦信仰と悉有仏性説を中心に―/夢記の一世界―好相日記と自誓受戒―/西大寺叡尊像に納入された「授菩薩戒交名」と「近住男女交名」)/Ⅱ=禅宗の世界(渡来僧の世紀―建長寺開山蘭渓道隆―/中世都市鎌倉と建長寺絵図の世界/いわゆる尾張国富田庄絵図をめぐって―絵図制作のなぞと絵図に見る宗教世界―/安国寺・利生塔再考/諸国安国寺考―成立時期をめぐって―/但馬安国寺・利生塔考/丹波安国寺考)