中国絵画史

中国絵画史 下(新装版)

中国絵画の碩学による日本初の本格的通史。紀元前から明の時代まで、内外の研究成果と新出の素材を駆使した大著を、待望の限定復刊。

ご注文

59,400円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 鈴木 敬
ジャンル 美術史  > 東洋美術史
シリーズ 美術史  > 中国絵画史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2011/07/15
ISBN 9784642081771
判型・ページ数 B5
定価 59,400円(税込)
在庫 品切れ・重版未定
中国絵画史 下(新装版)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

中国絵画の碩学が書き下ろした、日本初の本格的通史。内外の研究成果を踏まえ、新出の素材をも駆使して描かれた大著を、新装版として待望の限定復刊。紀元前から明の時代まで、郭煕・董源・沈周ら著名な画家たちの膨大な作品をもとに、山水画・花鳥画などの様式の成立や画法に迫る。中国絵画はもちろん、日本絵画を学ぶ上でも座右必備の書。

カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
 ダウンロード(8.5MB)

 

 

序/凡例/Ⅱ 中国絵画の史的考察(中之二より続く)(明代の絵画〈明代とは/明代の画史・画論類/絵画史の上で明代をどのように区分するか〉/職業画家〈明初の絵画/明初から明中期の職業画家/嘉靖・万暦期の画院画家/狂態邪学派以外の在野の浙派系画家/狂態邪学派の画家達/浙派ことに狂態邪学と文人画家について〉/文人画家〈明初の文人画家/明中期(宣徳~成化)の文人画家/明末の文人画家/その他の文人的職業画家と単なる市井の職業画家〉/明代最末期の文人画家(董其昌を中心として)〈董其昌/人間としての董其昌/南北二宗論について/董其昌の画蹟/董其昌小結/その他の明末南宗画派と画人/董其昌派以外の画家〉/終焉期の浙派と書院画家〈画院について/浙派(藍瑛派)の終焉〉/道釈人物画/花卉雑画〈水墨画/その他の墨画/藻魚図/没骨着色花鳥画/着色花鳥画並びに常州花鳥画〉/後書きに代えて