書籍検索

シリーズ:日本の時代史
16~30件 (全30件)
表示件数
並び替え
江戸幕府と東アジア

徳川三代が築いた、泰平の世を支えた基盤とは。グローバルな視点から幕藩体制誕生に迫る!

元禄の社会と文化

赤穂事件に封印された時代の特質とは。平和の中発展する経済と都市。華やかな元禄文化の光と影。

天下統一と朝鮮侵略
池 享

将軍足利義昭の追放、楽市楽座、一向一揆の大量殺戮。信長・秀吉がめざした〈天下統一〉の真実!

戦国の地域国家

関東の北条氏、中国の毛利氏など地域国家の成立、物資の運搬等、群雄と民衆の躍動する時代を解明。

一揆の時代

人々を一揆に駆り立てたものは何か。室町社会の実像を、幕府政治、災害や戦乱から探り出す。

南北朝の動乱

半世紀をこえる南北朝動乱の時代の政治・経済・社会・文化を、東アジアという文脈の中で描く。

モンゴルの襲来

モンゴルの襲来で、社会はいかに変容したのか。文永・弘安の役を世界史的視野から見直す。

京・鎌倉の王権

鎌倉の武家政権は京の公家政権を凌駕する。この時代を京と鎌倉の二つの王権という視点から描く。

院政の展開と内乱

王権の分裂のなか幕を上げた院政期は、やがて巨大な内乱を引き起こす。中世への転換期を描く。

摂関政治と王朝文化

藤原氏の全盛から衰退まで貴族社会を解明し、摂関政治と華麗な王朝文化の背景を描き出す。

平安京

最後の古代都城〈平安京〉。律令国家の最盛期から終末へ、180年に亙り変容する列島の古代を解明。

律令国家と天平文化

東アジアとの交流、古代都市〈平城京〉に生きた人々、天平美術の世界など、律令国家の実像に迫る。

倭国から日本へ

対外戦争=白村江の戦、内乱=壬申の乱を契機に、律令国家が形成されてゆく激動の時代を描く。

倭国と東アジア

列島各地に支配を広げた大和王権。その実態や対外関係を解き明かし、古墳時代の実像に迫る。

倭国誕生

旧石器・縄文時代から初期ヤマト政権誕生までの時代を、考古学の最新の成果にもとづき描く。

1  2