書籍検索

ジャンル:仏教史
61~75件 (全340件)
表示件数
並び替え
日本仏教はじまりの寺 元興寺

古代の大寺から中世的都市寺院を経て今日にいたるその歴史と文化財をわかりやすく解説した講演を集成。コラムも多数収録する。

図説 元興寺の歴史と文化財

ゆかりの文化財を豊富な写真で収載。国家的大寺院から中世以来の都市寺院へと、「二つの顔」をもつ歴史をビジュアルに紹介する。

中世醍醐寺の仏法と院家

堂塔のなかに寺僧が止住し、顕密仏法を相承する場である院家の実態を「醍醐寺文書聖教」から追究。醍醐寺が果たした役割を解明する。

仏都鎌倉の一五〇年
仏都鎌倉の一五〇年 (冊子版)

京都と決別した新しい仏教の助けを借りて幕府の指導者たちは政治課題にどう取り組んだか。僧侶らの足跡、仏教思想や文化に触れ描く。

浅草寺日記 40

寛保から明治まで120有余年にわたる連年の明細記録。思想・宗教・文化・芸能・政治・経済・社会等を知る貴重な文献。

平泉の仏教史
菅野 成寛 監修・編

『中尊寺供養願文』や金銀字一切経などに着目。平泉前史の国見山廃寺の性格から鎌倉期の中尊寺史まで、平泉仏教文化の実像に迫る。

戦国仏教

戦乱や災害、飢饉などに対して寺院・僧侶はどのような役割を担ったのか。民衆や領主がいかに仏教を受け入れたのかを明らかにする。

中世仏教絵画の図像誌

日本美術史は、仏教との関係を看過して語りえない。地獄・鬼・六道輪廻など、仏教的罪業観に基づく図像の成立と受容の歴史に迫る。

鎌倉浄土教の先駆者 法然

近年発見された法語集や著作から生涯を辿り、思想と教えの特徴を読み解く。鎌倉時代の仏教に多大な影響を与えた等身大の姿に迫る。

経覚
経覚 (冊子版)

興福寺大乗院門跡として大和国支配に力を注ぐが、2度の没落を経験する。応仁の乱を記録した『経覚私要鈔』から波瀾の生涯を追う。

鎌倉 古寺を歩く
鎌倉 古寺を歩く (POD版)

鎌倉散歩の格好の手引き。僧侶や暗躍する陰陽師の実像、多くの怨霊鎮魂の寺など、知られざる宗教都市としての側面に光を当てる!

一休とは何か
一休とは何か (POD版)

室町時代の破戒・風狂の人、一休宗純。その生涯に深く影響を与えた「維摩居士」の教えに注目。新解釈を示し、知られざる実像に迫る。

観音浄土に船出した人びと

観音菩薩が住む南方の浄土=補陀落世界を目指し、大海原に船出した人びとがいた。「南方往生」と補陀落渡海の世界観を解き明かす。

鎌倉大仏の謎
鎌倉大仏の謎 (POD版)

いつ、誰が、何のために造ったのか。政治と宗教の関係、銅造以前の木造大仏、倒壊を繰返した大仏殿など、文献と彫刻史から謎に挑む。

奈良の寺々

建築は基本的知識がないと美や良さを理解し難い。基礎用語と建物の構造を平易に解説した、鑑賞のための入門書。建築用語索引を付す。